for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロンドン株式市場=反落、景気循環株に売り 週間で昨年10月以来の下落

    [15日 ロイター] - 
 <株式指数>              終値   前日比     %  前営業日  コード
                                                     終値  
 FTSE100種       6735.71   -66.25  -0.97   6801.96          
 
    
    ロンドン株式市場は反落して取引を終えた。景気循環株の値下がりが目立った。新型
コロナウイルス感染の急増を受けた新たな封鎖措置によって景気回復への期待が後退する
中、週間ベースでは10月末以来の大幅な下落となった。
    FTSE350種鉱業株指数と原油・天然ガス株指数、銀
行株指数などの景気循環株が部門別で最も落ち込んだ。
    英国立統計局(ONS)が発表した昨年11月の国内総生産(GDP)は前月比2.
6%減少し、最初の封鎖措置が導入された4月以来のマイナスとなった。新型コロナ対策
で改めて封鎖措置が取られたことが打撃となった。ただ市場予想ほどは落ち込まなかった
。国内経済に左右されやすい中型株で構成するFTSE250種指数は0.77
%下落した。
    ロイターが実施した70人超のエコノミストを対象とした調査によると、英経済が新
型コロナのパンデミック(世界的大流行)前の水準に戻るには2年超かかるとみられる。
今四半期は1.4%減と予想されている。
    FTSE100種は先週、新型コロナワクチンへの期待から6%を超える伸びとなっ
た。今週は感染急増を受けて封鎖措置が強化されたことで、景気後退(リセッション)か
らの素早い回復が阻害されるとの不安から2%下落した。
    石油プラントのペトロファクは27.5%急落。英重大不正捜査局(SFO
)が、アラブ首長国連邦との石油契約に絡み元上級役員が3件の贈収賄の罪状を認めたと
明かしたことが売り材料となった。
    一方、通期の売り上げ見通しを引き上げた製薬会社インディビアは9.8%
高となった。

    
 (い)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up