September 30, 2019 / 5:55 PM / in 16 days

ロンドン株式市場=反落、石油株売られる

    [30日 ロイター] - 
 <株式指数>              終値   前日比     %  前営業日  コード
                                                     終値  
 FTSE100種       7408.21   -18.00  -0.24   7426.21          
 
    
    週明けロンドン株式市場は反落して取引を終えた。米中貿易摩擦が続く中、世界最大
の原油輸入国である中国経済の見通しが軟調で原油が値下がりし、石油株が売られた。
    石油大手のロイヤル・ダッチ・シェルとBPがFTSE100種の最
大の押し下げ要因だった。
    FTSE350種鉱業株指数は0.98%低下した。
    英国の欧州連合(EU)離脱もリスク志向を抑制している。離脱日まで1カ月となっ
たが、大きな動きは見られない。英国のEU離脱問題は既に混沌としており、市場関係者
は次の動きに注目している。マーケッツ・ドットコムのアナリスト、ニール・ウィルソン
氏は「投資家は今週、貿易摩擦うんぬんと、繰り返される英国のEU離脱沙汰という2つ
の材料を中心に動く」と述べた。
    こうした中、製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)は1.1%上昇
。臨床試験で卵巣がんの治療に良好な結果が出た。抗がん剤におけるアストラゼネカ<AZN
.L>との競争で優勢に立つ可能性がある。アストラゼネカは1.7%下落し、10営業日
ぶりに反落した。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below