for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロンドン株式市場=反落、石油株売られる

    [20日 ロイター] - ロンドン株式市場は反落して取引を終え
た。石油株や製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)が売られた
のが相場を圧迫した。
原油価格が軟調に推移していたことを受け、石油大手のBP、英
蘭系のロイヤル・ダッチ・シェルはそれぞれ1.3%、1.7
%下落した。
    下げが目立ったのはグラクソ・スミスクライン(GSK)
で、1.8%下落。英日用品のユニリーバが19日、GSKの
一般医薬品(大衆薬)部門に対する買収計画を事実上断念したことが売
り材料となった。
    一方、英料理宅配のデリバルーは1.4%上昇。注文金額
が第4・四半期に堅調に増加し、その結果、年間で予測範囲の上限に達
したことが好感された。
    AJベルの投資ディレクター、ラス・モールド氏は「オミクロン株
の感染拡大でロックダウン(都市封鎖)のような状態となったことは、
間違いなく(デリバルーの)支えとなったが、制限が解除され始めたた
め、この支援的な傾向は急速に過去のものとなるだろう」と述べた。
    ジョンソン英首相は19日、マスク着用の義務などイングランドで
導入した新型コロナウイルスの規制強化策を終了すると発表した。[nL4
N2TZ3E7]
    中型株で構成するFTSE250種指数は0.26%高。
好調だったのは英食品大手プレミアフーズで、7.8%と大幅
上昇。傘下のブランド「ミスターキプリング」のクリスマス時期の売り
上げが過去最高となり、通期利益が市場予想を上回るとの見通しを示し
たことが好感された。
 <株式指数>                       終値     前日比       %   前営業日終  コード
                                                                       値  
 FTSE100種                7585.01      -4.65    -0.06      7589.66          
 

    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up