July 11, 2018 / 5:11 PM / 4 months ago

ロンドン株式市場=反落、米国が対中追加関税方針表明

    [ロンドン 11日 ロイター] -    
 <株式指数>                  終値    前日比      %  前営業日終  コード
                                                               値  
 FTSE100種           7591.96   -100.08   -1.30     7692.04          
        
    ロンドン株式市場は5営業日ぶりに反落して取引を終えた。トランプ米政権が200
0億ドル相当の中国製品に10%の追加関税を課す方針を示したことで米中貿易摩擦が悪
化した。
    スプレデックスのアナリスト、コナー・キャンベル氏は「中国はすぐさま反論した。
同国がとり得る報復措置が不安視される中、市場はパニック状態になった」と述べる。
    石油大手のロイヤル・ダッチ・シェルとBPは2.1%と3.2%そ
れぞれ下落し、FTSE100種の最大の押し下げ要因だった。貿易紛争に伴い世界経済
が減速し、エネルギー需要が減るとの見方から原油が値下がりしたことが背景にある。
    鉱工業のリオ・ティントとBHPビリトンは3.0%と3.1%下落
。保護主義的な姿勢が強まることが不安視され、産業用金属が値下がりしたことが材料視
された。
    資源大手グレンコアは4.8%安だった。米司法省がグレンコアのコンゴ民
主共和国とベネズエラ、ナイジェリアにおける事業に関する汚職疑惑調査で、情報文書提
出を命じる召喚状を送った件を巡り、同社が委員会を設置したとの発表が嫌気された。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below