for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロンドン株式市場=反落、米英国債の長短金利逆転で景気後退懸念

    [14日 ロイター] - 
 <株式指数>              終値   前日比     %  前営業日  コード
                                                     終値  
 FTSE100種       7147.88  -103.02  -1.42   7250.90          
 
    
    ロンドン株式市場は反落して取引を終えた。米英国債の長短利回りが逆転したことを
受け、景気後退の可能性が不安視された。
    長短利回りが逆転するのは米金融危機以降初めて。長短金利差の逆転はリセッション
(景気後退)への市場の警戒サインとされる。
    IG証券の市場アナリスト、クリス・ビューシャン氏は「早ければ来年下半期辺りに
景気後退入りする可能性は大いにある。今は終わりの始まりではないと思う」と述べた。
    資源や石油、金融株の値下がりが目立った。
    一方、自動車保険アドミラル・グループは4.1%上昇した。上半期利益の
伸びが市場予想を上回ったことが好感された。英国の事業で顧客が増えたことが貢献した
。
    建設のバルフォア・ビーティは9.3%上昇した。利益が増えたほか、通期
のキャッシュフロー見通しを引き上げたことが買い材料だった。

    
 (い)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up