July 30, 2019 / 5:12 PM / 21 days ago

ロンドン株式市場=反落、貿易摩擦を不安視

    [30日 ロイター] - 
 <株式指数>       終値  前日比     %  前営業日終  コード
                                                 値  
 FTSE100  7646.77  -39.84  -0.52     7686.61          
 種                                                  
 
    ロンドン株式市場は反落して取引を終えた。米中貿易摩擦への懸念
から市場心理が悪化したほか、イングランド銀行(英中銀、BOE)が
銀行に対して破綻処理の枠組みを公表することを命じたことで主要な銀
行株が売られた。
    トランプ米大統領は中国に対し、通商政策の合意を2020年の大
統領選まで先延ばししない方が良いと警告した。
    BOEは銀行大手のバークレイズやロイヤル・バンク・オ
ブ・スコットランド(RBS)などの主要な銀行は、2021
年までに破綻処理の枠組みを公表するように求めた。
    個別銘柄の主要な材料は企業決算だった。
    電力・ガス大手セントリカは19.0%下落し、20年超
ぶりの安値をつけた。英政府がエネルギー価格に上限規制を設けたこと
で業績に影響が出ているセントリカはこの日、最高経営責任者(CEO
)が辞任することと減配を発表した。
    金・銀生産のフレスニロは17.7%安だった。生産の減
少と経費の増加で上半期利益が3分の2以上減ったことが嫌気された。
    中型株では銀行のCYBGが9.6%下落。金利差益が
当初予想の下限に迫る見通しを示したことが嫌気された。

    
 (ーからご覧ください)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below