June 19, 2019 / 6:16 PM / 3 months ago

ロンドン株式市場=反落、資源大手下落やポンド高

    [19日 ロイター] - 
 <株式指数>              終値   前日比     %  前営業日  コード
                                                     終値  
 FTSE100種       7403.54   -39.50  -0.53   7443.04          
 
    
    ロンドン株式市場は反落して取引を終えた。出荷見通しを引き下げた英豪系資源大手
リオ・ティントが売られたほか、ポンド高で輸出銘柄がさえなかった。
    FTSE100種総合株価指数は0.53%下がり、6月で最も落ち込んだ。中型株
で構成するFTSE250種は0.34%下落した。
    リオ・ティントは4.7%下げた。品質の問題でオーストラリアのピルバラ地方から
の鉄鉱石の出荷見通しを引き下げた。同業も連れ安となり、FTSE350種鉱業株指数
が2.66%低下した。
    オンラインスーパー大手オカドは5.6%下落し、FT100種で最も悪か
った。スーパー大手モリソンズと米アマゾン・コムの提携で、短時間配
達事業の競争が激化するとの報道が懸念されたという。
    ポンド高を受けて、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)や日用
品のユニリーバ、レキット・ベンキーザーが値下がりした。
    中型株では、観光・保険会社のサガが12.1%急落し、過去最安値をつ
けた。英国の政治的不透明感から観光事業の見通しを引き下げた。
    銀行のCYBGは6.2%上昇。買収したヴァージン・マネーのブランド変
更で大手銀行に挑む計画を発表したことが好感された。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below