February 22, 2018 / 6:49 PM / 6 months ago

ロンドン株式市場=反落、軟調な決算が重し

    [ロンドン 22日 ロイター] - 
 <株式指数>                  終値    前日比      %  前営業日終  コード
                                                               値  
 FT100種               7252.39    -29.18   -0.40     7281.57          
    
    ロンドン株式市場は反落して取引を終えた。軟調な決算を発表した銘柄と配当落ち銘
柄が売られたほか、国債利回りの上昇をめぐる懸念も相場の重しとなった。
    たばこのブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)は2.1%下落し
た。2017年の売り上げの伸びが市場予想に届かなかったことが嫌気された。
    中型株では業績見通しが期待外れの内容だった価格比較サイトのマネースーパーマー
ケット・コムが13.7%急落した。
    たばこ大手のインペリアル・ブランズや大手飲料メーカーのディアジオ<DGE.
L>、製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)などの配当落ち銘柄も値を下
げた。
    米連邦準備理事会(FRB)が前日に公表した1月の連邦公開市場委員会(FOMC
)の議事要旨が、メンバーらが利上げにより前向きであることを示したことで米10年債
利回りは4年ぶりの高水準をつけた。利回りや物価の上昇をめぐる懸念も相場の重しとな
った。
    一方、金融大手バークレイズは4.4%上昇した。通期決算が好感された。
    同じく通期決算が買い材料となった国内最大のエネルギー供給会社セントリカ<CNA.L
>は7.5%上昇した。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below