for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロンドン株式市場=反落、配当落ち銘柄や銀行株売られる

    [7日 ロイター] - 
 <株式指数>              終値   前日比     %   前営業日  コード
                                                      終値  
 FTSE100種       7157.55   -38.45  -0.53    7196.00          
 
    
    ロンドン株式市場は反落して取引を終えた。配当落ち銘柄が売られたほか、軟調な決
算も売り材料となった。欧州中央銀行(ECB)が利上げの時期を来年以降に先送りした
ことで銀行株も値を下げた。
    配当落ちした資源大手のリオ・ティントとBHP、鉄鋼メーカー、
エブラズ、住宅建設のパーシモンの値下がりが目立った。
    FTSE350種銀行株指数は0.55%低下した。ECBはこの日、
金融危機後初となる利上げの時期を早くて2020年とした。また、貸出条件付き長期資
金供給オペ(TLTRO)の第3弾の内容が、これまでほど良い条件でなかったことも売
り材料となった。
    通期決算が嫌気された医療サービスのNMCヘルスは11.5%急落した。
同じく通期決算が売り材料となった保険会社アビバと資産運用会社のシュローダー
ズは3.3%と5.9%それぞれ下落した。
    一方、投資会社メルローズは2.1%上昇した。通期の調整後税引き前利益
が3倍近くになったことが好感された。昨年の、エンジニアリング企業GKNの敵対的買
収が奏功した。

    
 (い)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up