November 27, 2018 / 7:47 PM / 21 days ago

ロンドン株式市場=反落、鉱業銘柄売られる

    [ロンドン 27日 ロイター] -    
 <株式指数>                  終値    前日比      %  前営業日終  コード
                                                               値  
 FTSE100種           7016.85    -19.15   -0.27     7036.00          
    
    ロンドン株式市場は反落して取引を終えた。貿易摩擦への懸念を背景に金属が値下が
りし、鉱業銘柄を押し下げた。
    米トランプ大統領は米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)のインタビュー
で中国製品への輸入関税を引き上げる方針を明らかにした。また中国からのiPhone
も輸入関税対象に含める姿勢を示した。
    FTSE350種鉱業株指数は1.78%低下。9月17日以来の安値
をつけた。
    英旅行大手トーマス・クックは22.6%急落した。一時は約31%安とな
る局面もあった。2018年の配当を停止したほか、ここ2カ月間で2度目となる利益見
通しの引き下げが嫌気された。異例な猛暑によって海外に旅行する人が減ったという。競
合のTUIグループは2.5%の連れ安となった。
    一方、飲料ボトラー大手コカコーラ・ヘレニックは4.6%上昇し、FTS
E100種で最も好調だった。UBSが投資判断を「売り」から「買い」へ2段階引き上
げたことが好感された。UBSは最近の株価下落を受け、値ごろ感があるとの見方を示し
た。
    中型株ではベーカリーチェーンのグレッグスが11.0%急上昇した。取引
時間中は約16%高と過去最高値をつける局面もあった。10月と11月の売り上げが力
強かったほか、18年の利益が増えるとの見通しが好感された。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below