for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロンドン株式市場=反落、GSKが売られる

    [11日 ロイター] - ロンドン株式市場は反落して取引を終え
た。製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)が売り込ま
れた。米利上げへの警戒感が根強い中で、中型株で構成するFTSE2
50種指数は0.26%下げた。
    GSKは10.1%と大幅続落。発がん性物質が含まれていた抗潰
瘍薬を巡る米国での訴訟について投資家が懸念を強めた。GSKから事
業分離した消費者向けヘルスケア企業ハレオンは4.9%安。
    ドイツ銀行のストラテジスト、エマニュエル・パパダスキ氏はメモ
の中で、GSKは「差し迫った係争中の訴訟によるネガティブなニュー
スと相まって」、数十億ドルの潜在的な賠償責任を伴う「短期的な逆風
」に直面する可能性があると指摘した。
    FTSE100種は6月に下落した後に上昇しており、中
型株も2カ月ぶりの高値付近まで値上がりしている。ただ、景気後退へ
の懸念が高まる中、多くのストラテジストは上昇の継続には懐疑的だ。
12日発表の英国内総生産(GDP)速報値が注目されており、第2・
四半期はマイナス成長になったと予想されている。
    配当落ちした資源大手のリオ・ティントは3.7%下げた
。
    ドバイを拠点とするデジタル決算ソリューションのネットワーク・
インターナショナルは16.2%上昇。自社株買いプログラム
を発表し、好調な半期決算を報告したことが好感された。    
 <株式指数>              終値   前日比     %   前営業日  コード
                                                      終値  
 FTSE100種       7465.91   -41.20  -0.55    7507.11          
 

    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up