February 27, 2020 / 7:00 PM / 3 months ago

ロンドン株式市場=大幅反落、新型ウイルス懸念で一時調整局面入り

    [27日 ロイター] - 
 <株式指数>               終値   前日比     %   前営業日  コード
                                                       終値  
 FTSE100種        6796.40  -246.07  -3.49    7042.47          
 
    
    ロンドン株式市場は反落して取引を終えた。日中は調整局面に入る場面もあった。新
型コロナウイルスの中国以外での感染件数が大幅に増えたことでパンデミック(世界的大
流行)への懸念が高まり、リスク志向が弱まった。
    FTSE100種は2019年1月以来の安値を付けた。取引時間中の最安値は1週
間前の日中最高値と比べ10%超安かった。比重が大きい銀行と鉱業、石油関連株の値下
がりが目立った。
    アジアでの事業が大きい銀行のスタンダード・チャータード(スタンチャート)<STA
N.L>は3.6%下落した。新型ウイルスの影響により中国と香港の事業での課題が増えた
とし、利益目標達成が予想より長期化すると述べたことが嫌気された。競合の金融大手H
SBCは4.6%安となった。配当落ちしたことも売り材料だった。
    中国市場に左右されやすいFTSE350種自動車株指数は4.22%
下落した。
    広告大手WPPは16.2%急落。四半期決算が期待外れの内容だった。
    一方、ジェネリック医薬品メーカー、ヒクマ・ファーマシューティカルズは
4.6%高だった。2020年に売り上げが伸びるとの見通しを示したことが好感された
。
    中型株で構成するFTSE250種指数は4.07%下落。5営業日続落し
た。20日に付けた最近のピークから10%超値を下げ、FTSE100種同様に調整局
面入りした。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below