for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロンドン株式市場=小幅上昇、中国の指標改善で石油株が高い

    [10日 ロイター] - 
 <株式指数>           終値  前日比     %  前営業日  コード
                                                 終値  
 FTSE100種     6050.5  +18.41  +0.31   6032.18          
                           9                           
 
    週明けのロンドン株式市場は小幅に上昇して取引を終えた。新型コロナウイルスの追
加支援策への期待や一部企業の好決算を受け、景気回復への期待が維持された。石油株の
値上がりが目立った。ただ英国で新型コロナの感染件数が急増していることにより、日中
から上昇幅を圧縮した。
    石油大手のBPとロイヤル・ダッチ・シェルがFTSE100種の大
きな押し上げ要因となった。中国の経済指標が改善したことや米国の新型コロナ追加支援
策への期待、サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコが原油需要が増えるとの見通
しを示したことが材料となり、原油が値を上げた。
    英国の新型コロナ感染者は9日、6月下旬以来最多の伸びとなった。10日の新規感
染者は伸びがやや鈍化し、816件だった。
    衣料小売りのスーパードライは18.7%上昇。新型コロナの危機を乗り切
るために新たに7000万ポンド(9150万ドル)の融資を受ける契約に合意したこと
が好感された。
    中型株で構成するFTSE250種指数は0.58%上昇し、約9週間ぶり
の高値を付けた。上半期利益が増え配当を再開した海運サービスのクラークソン
が12.1%上昇し、全体を押し上げた。

    
 (い)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up