July 21, 2020 / 6:24 PM / 19 days ago

ロンドン株式市場=小幅反発、エネルギー株堅調 アストラゼネカ売り優勢

    [21日 ロイター] - 
 <株式指数>             終値   前日比     %  前営業日  コード
                                                    終値  
 FTSE100種      6269.73    +8.21  +0.13   6261.52          
 
    ロンドン株式市場は小幅に反発して取引を終えた。エネルギー株が
買われる一方、製薬のアストラゼネカが抑制要因となった。
    中型株で構成するFTSE250種指数は0.67%上昇
した。欧州連合(EU)首脳が新型コロナウイルスで打撃を被った欧州
経済を立て直す復興基金で合意したことで、欧州株式市場同様、市場心
理が好転した。
    アストラゼネカは2.9%安だった。新型コロナワクチンの開発部
門の主任が、ワクチンの販売開始の時期について慎重な見方を示したこ
とが売り材料となった。
    資源大手BHPは2.6%安だった。第4・四半期の鉄鉱
石生産が増加したものの、新型コロナの影響で需要が低迷すると警告し
たことが不安視された。競合のリオ・ティントも値下がりした
。
    ブックメーカー(賭け業者)のGVCホールディングスは
11.7%急落。英国の税当局が、GVCが以前所有していたトルコの
オンライン事業に関する捜査対象を、GVCホールディングスのほかの
事業に拡大するとの発表が嫌気された。
    衣料小売りのテッド・ベーカーは14.4%上昇した。7
月18日までの11週間の業績が予想より良かったとの報告が好感され
た。

    
 (ーからご覧ください)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below