April 4, 2018 / 5:34 PM / 6 months ago

ロンドン株式市場=小幅反発、貿易摩擦懸念の重しは続く

    [ロンドン 4日 ロイター] - 
 <株式指数>                     終値     前日比      %   前営業日終  コード
                                                                    値  
 FTSE100種              7034.01      +3.55   +0.05      7030.46          
 
    ロンドン株式市場は小幅に反発して取引を終えた。世界的な貿易摩擦への懸念が高ま
る中でFT100種はディフェンシブ銘柄が多く、相場の下支え要因となった。
    貿易摩擦をめぐる懸念はここ1カ月間、株式相場の重しとなっている。トランプ米政
権が中国製品への制裁関税を課す旨を述べたことで中国はこの日、500億ドル相当の米
国製品に報復関税を課すと発表した。トランプ政権は中国が米国の知的財産権を侵害して
いるとして、米国の輸入関税の対象となる中国のハイテク製品を週内に公表する。
    FT100種は序盤に大幅安となった後、株安局面で買われる傾向のあるディフェン
シブ銘柄が値を上げ、終盤に持ち直した。製薬会社シャイアーとグラクソ・スミ
スクライン(GSK)は2.6%と1.3%それぞれ上昇した。金が比較的安全
な資産とみなされていることから金・銀生産のフレスニロは1.1%上昇した。
    一方、広告代理店大手WPPは2.0%下落した。マーティン・ソレル最高
経営責任者(CEO)が不正を行っているとの情報について、調査していると発表したこ
とが嫌気された。ソレル氏は不正行為を否定している。リベラムのアナリストらは「ソレ
ル氏は有名人だ。よって彼に対する告発は非常に注目されるだろう。多くの人にとってソ
レル氏はWPPの顔であることから、今日のWPP株価にマイナスの影響を与えるだろう
」とした。
    

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below