for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロンドン株式市場=小幅反落、ポンド高が重し

 (表は本文の下に表示しています)
    [5日 ロイター] - ロンドン株式市場は小幅反落して取引を終
えた。イングランド銀行(英中央銀行)が金融緩和策の「出口戦略」を
明確にしたことで英ポンドが上昇し、輸出銘柄の重しになった。
    鉱業や生活必需品株が値下がりした。英中銀は、量的緩和で保有債
を緩やかに減らす新たな指針を発表。ポンドがドルに対して上昇し、そ
の後は上げ幅を縮めた。英中銀はインフレが目標の2%を大きく上回る
との見通しを示したが、インフレ高進は一時的だと強調した。[nL4N2PC
36A]
    AJベルの投資ディレクター、ラス・モールド氏は「中銀は物価上
昇が一時的との見方に執着しているが、一部のストラテジストは一次産
品や卸売物価、消費者物価の上昇がインフレの前兆だとみて楽観してい
ない」と話した。
    エンジンメーカーのロールスロイスは5.9%上昇。航空業
界の回復が進まない中でコストカットや資産売却により、今年の業績予
想を達成できるとの見方を示した。
    世界最大の広告代理店グループ、WPPは2.7%高だっ
た。第2・四半期の純売上高が19.3%増えたと発表した。
    中型株で構成するFTSE250種指数は0.68%上昇
した。
 <株式指数>              終値   前日比     %   前営業日  コード
                                                      終値  
 FTSE100種       7120.43    -3.43  -0.05    7123.86          
 

    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up