for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロンドン株式市場=小幅反落、ポンド高で

    [10日 ロイター] -    
 <株式指数>              終値   前日比     %   前営業日  コード
                                                      終値  
 FTSE100種       7123.68    -6.03  -0.08    7129.71          
    
    週明けロンドン株式市場は小幅に反落して取引を終えた。工業株が
軟調だった。また、英北部スコットランド議会選の結果を受けポンドが
上昇し輸出銘柄の重しとなった。
    ポンドは1ポンド=1.41ドルを超え、2カ月超ぶりの高値を付
けた。ドルの収益が大きいブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BA
T)と酒造大手のディアジオ、情報分析のアール・イ
ー・エル・エックスは0.5%から2.1%下落した。
    一方、資源大手のグレンコアとBHPグループ、
リオ・ティントは値を上げ、FTSE100種の最大の押し上
げ要因となった。供給が逼迫する中、需要が改善する見通しの銅が過去
最高値を付けたことが買い材料になった。
    中型株ではベーカリーチェーンのグレッグスが10.5%
上がって急騰。利益見通しを引き上げたことが好感された。一方、金融
のプロビデント・ファイナンシャルは2.5%下落し、小口融
資部門閉鎖に関連し最大1億ポンド(1億4061万ドル)の費用を見
込んでいると表明したのが嫌気された。 

    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up