Reuters logo
ロンドン株式市場=小幅反落、小売り銘柄売られる
2017年8月25日 / 18:32 / 1ヶ月前

ロンドン株式市場=小幅反落、小売り銘柄売られる

    [ロンドン 25日 ロイター] - 
 <株式指数>                                 終値        前日比           %        前営業日終値  コード
 FT100種                              7401.46         -5.60        -0.08             7407.06          
    
ロンドン株式市場は小幅反落して取引を終えた。銀行やエネルギー銘柄の値上がりしたも
のの、小売り銘柄の値下がりの方が大きかった。
    小売り銘柄は広範にわたり売られた。中でもスーパー大手のモリソンズやセ
インズベリー、マークス・アンド・スペンサー、テスコは0.
4%から1.7%安となり、値下がりが目立った。米アマゾン・ドット・コムが
6月に買収した米自然・有機食品小売大手ホールフーズ・マーケットでの価格を
引き下げると発言したことで欧州のスーパーにおける価格競争が改めて不安視された。
    一方、金融サービスのプロビデント・フィナンシャルは22.5%上昇。2
2日に利益見通しの引き下げが嫌気され大幅安となったが、それ以降はいくぶん回復して
きている。それでも尚、週間ベースで50%安となった。プロビデント・フィナンシャル
は25日、低迷している消費者信用部門を再編するとしたほか、新たなトップを任命した
。新しい人事は直ちに有効になるという。
    エネルギーと金融株はFT100種を合わせて7ポイント押し上げた。また、中国の
底堅い需要を材料に銅価格が3年ぶりの高値をつけたことに伴い、FT350種鉱業株指
数も3年ぶりの高水準に達した。
    中型株では、IT(情報技術)サービスのコンピュータセンターが15.6
%上昇し、8年超ぶりの大幅高となった。上半期収益が伸びたほか、株主への還元を増や
すとしたことが好感された。

    
 (い)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below