April 30, 2018 / 6:02 PM / a month ago

ロンドン株式市場=小幅続伸、小売りの大規模合併が影響

    [ロンドン 30日 ロイター] -    
 <株式指数>                  終値    前日比      %  前営業日終  コード
                                                               値  
 FTSE100種           7509.30     +7.09   +0.09     7502.21          
                                                                              
 
    週明けロンドン株式市場は小幅に続伸して取引を終えた。英スーパーマーケット2位
のセインズベリーと、米ウォルマートの英部門であり同3位に位置するアズダが
合併合意したことで、小売り部門に大きな値動きがみられた。
    セインズベリーは一時、20%高をつけた後、14.5%高で取引を終えた。過去最
高の上昇幅となった。セインズベリーとアズダは133億ポンド(183億3000万ド
ル)規模の合併に合意。合併後の新会社は市場シェアで英スーパー首位のテスコ
を上回り、英国で最大規模のスーパーマーケットグループが誕生する。テスコは0.9%
下落した。
    一方、スーパーのWMモリソンは1.3%、小売り大手のマークス・アンド
・スペンサー(M&S)は0.4%、ネットスーパー大手オカドは1.
9%それぞれ上昇した。
    マーティン・ソレル最高経営責任者(CEO)が退任した後、初めて決算を発表した
広告代理店大手WPPは8.6%上昇。第1・四半期の純売り上げが予想を上回
ったほか、通期の業績見通しを維持したことが好感された。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below