February 25, 2019 / 7:07 PM / in 21 days

ロンドン株式市場=小幅続伸、銀行株が相場下支え

    [25日 ロイター] - 
 <株式指数>      終値  前日比     %  前営業日終  コード
                                                値  
 FTSE10   7183.74   +5.14  +0.07     7178.60         
 0種                                               
 
    週明けロンドン株式市場は小幅に続伸して取引を終えた。英国の欧州連合(EU)離
脱が延期されるかもしれないとの期待から銀行株が相場を下支えした。
    EUのトゥスク欧州理事会常任議長(EU大統領)は、英国のEU離脱の期日が3月
29日に迫る中、期限内に英議会が離脱案を承認する見込みがないことから「延期が合理
的」との考えを示した。発言を受けポンドが上昇し、輸出銘柄が多いFTSE100種は
一時、マイナス圏に落ち込んだ。
    CMCマーケッツの主任市場アナリスト、デービッド・マデン氏は「合意なき離脱と
なった場合、英国の金利が下がると市場は不安視している。英国のEU離脱を巡り、状況
がやや改善したようすから、この日は銀行株が買われた」とした。
    一方、FTSE350種住宅建設株指数は1.08%低下した。初めて
の住宅購入者に対する政府の住宅購入支援策について、英国の住宅・地域社会・自治相が
住宅建設のパーシモンに対して、支援策の利用方法について尋問しているとの報
道が売り材料だった。パーシモンは4.7%下落。競合のテイラー・ウィンペイと
バラット・デベロップメンツも連れ安となった。
    金生産会社センタミンは28.4%急落。金の年間生産量が減ったほか、2
019年の生産見通しがジェフリーズ証券の予想を下回ったことが嫌気された。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below