for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロンドン株式市場=小幅続伸、2カ月ぶり高値更新 米インフレ指標待ち

    [9日 ロイター] - ロンドン株式市場は続伸して取引を終え、
FTSE100種指数は約2カ月ぶりの高値を付けた。ただ、
米連邦準備理事会(FRB)の利上げペースを予想する材料となる米消
費者物価指数の発表を10日に控えて様子見ムードが強く、上げ幅は小
幅にとどまった。
    ロシアが今月初旬から中欧の一部への原油輸送が停止していると発
表したことで原油価格が上昇し、石油大手のBPが1.5%、シ
ェルが1.1%それぞれ上げた。
    イングランド銀行(英中央銀行)のラムスデン副総裁はロイターに
対し、英経済に根付いているインフレ圧力を抑えるため政策金利を現在
の約14年ぶりの高水準からさらに引き上げる必要があるとの見方を示
した。
    それでもFTSE100種指数は今年に入ってから1.40%上昇
しており、15.10%下落したMSCIワールド・インデックス<MIW
D00000PUS>との差は歴然としている。
    UBSグローバル・ウェルス・マネジメントの最高投資責任者、マ
ーク・ヘーフェル氏は「われわれは引き続き英株式市場を最も好ましい
と評価し、4%の緩やかな上昇を見込んでいる。2022年末までにF
TSE100種指数が7700に達することをターゲットにしている」
と語った。
    資産運用会社のアバドンは6.8%安。地政学的緊張とイ
ンフレ圧力の拡大による世界市場の混乱が圧迫し、半期利益が予想を下
回ったのが嫌気された。
    オフィススペースを提供するIWGは11.4%と急落。
インフレ懸念とアジア市場での新型コロナウイルス関連規制が響いた上
半期決算の内容が失望された。
    
 <株式指数>                     終値     前日比      %   前営業日終  コード
                                                                    値  
 FTSE100種              7488.15      +5.78   +0.08      7482.37          
 

    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up