March 13, 2019 / 6:29 PM / 3 months ago

ロンドン株式市場=小幅続伸、2回目の重要採決控え

    [13日 ロイター] - 
 <株式指数>                 終値   前日比      %   前営業日  コード
                                                          終値  
 FTSE100種          7159.19    +8.04   +0.11    7151.15          
    
    ロンドン株式市場は小幅続伸して取引を終えた。英国の欧州連合(
EU)離脱に関する2回目の重要な採決を控え、たばこ株の下落を石油
株の上昇で相殺した。
    英蘭系石油大手ロイヤル・ダッチ・シェルとBPが
0.7%、2.1%それぞれ上昇し、相場を支えた。石油輸出国機構(
OPEC)の生産削減と米国によるイランとベネズエラに対する制裁が
買い材料となった。
    金融大手のスタンダード・ライフ・アバディーンは2.4
%上昇し、1月上旬以来の上昇率を記録した。通年決算が好感された。
  
    たばこのブリティッシュ・アメリカン・タバコとインペ
リアル・ブランズ は3.4%、1.8%それぞれ下落した。
米国立がん研究所幹部のノーマン・シャープレス氏が米食品医薬品局の
長官代行に指名されたことが嫌気された。
    またブックメーカー(賭け業者)のGVCホールディングス <GVC.
L>は4.6%下落し、2016年6月以来、約2年9カ月ぶりの安値を
つけた。
    サイバーセキュリティーのアバストは3.3%下落した。
長期間在任した最高経営責任者(CEO)が退任するとともに、昨年5
月の上場以来初めての通期決算で予想を下回る収益を公表し、売られた
。

    
 (ーからご覧ください)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below