October 9, 2018 / 5:32 PM / 12 days ago

ロンドン株式市場=横ばい、エネルギーと鉱業銘柄が下支え

    [ロンドン 9日 ロイター] - 
 <株式指数>              終値   前日比     %  前営業日  コード
                                                     終値  
 FTSE100種       7237.59    +4.26  +0.06   7233.33          
 
   
    ロンドン株式市場はほぼ横ばいで取引を終えた。前日終値はイタリ
ア予算や英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)を巡る警戒感か
ら4月以来の低水準となったが、この日はエネルギーと鉱業銘柄が相場
を下支えした。
    ブックメーカー(賭け業者)のパディパワー・ベットフェア<PPB.L
>が5.0%安となった。アイルランド政府が賭け事に課す税率を2%
に倍増する計画を発表したことが売り材料となった。2019年1月か
ら適用するという。パディパワーは、新政策が今年導入された場合、納
税額が2000万ポンド増えていたとの試算を出したことも、さらなる
売り材料となった。
    会計ソフトのセージ・グループは1.5%安だった。バー
クレイズが投資判断を「アンダーウェート」へ引き下げたことが嫌気さ
れた。バークレイズのアナリストらは「セージはクラウドへの移行を加
速しなければならない。費用がかかるだろう。新しく就任する最高経営
責任者(CEO)は成長と利益率見通しを修正するだろう」とした。
    一方、原油高に伴い石油大手は買われた。米国の対イラン制裁を控
え、イラン産原油の輸出が減ったほか、ハリケーン「マイケル」の接近
に伴い、米メキシコ湾岸の石油生産の一部が停止したことで原油が値を
上げた。
    金属も供給減少に伴い値を上げ、鉱業銘柄を押し上げた。
    中型株ではベーカリーチェーンのグレッグスGRG.Lが4.6%上昇
した。一時は8%高となる局面もあった。第3・四半期の既存店売上高
が増加したことが好感された。
    
    

    
 (ーからご覧ください)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below