August 1, 2019 / 5:34 PM / 2 months ago

ロンドン株式市場=横ばい、シェルが決算嫌気で大幅安

    [1日 ロイター] - 
 <株式指数>              終値   前日比     %  前営業日  コード
                                                     終値  
 FTSE100種       7584.87    -1.91  -0.03   7586.78          
 
    
    ロンドン株式市場はほぼ横ばいで取引を終えた。利益が予想に届かなかった石油大手
ロイヤル・ダッチ・シェルが大幅安となったほか、米連邦準備理事会(FRB)
が市場の期待をくじいたことが相場の抑制要因だった。
    FTSE100種で最も比重が大きいロイヤル・ダッチ・シェルは4.9%下落した
。100億ポンド以上の時価総額が吹き飛んだ。第2・四半期利益が30カ月ぶりの低水
準に落ち込んだことが嫌気された。
    FRBは前日、政策金利を25ベーシスポイント(bp)引き下げることを決めた上
で、パウエル議長が長期的な利下げ局面の始まりではないと述べ、世界的に株価が下がっ
た。
    一方、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)は6.9%上昇し、
2008年11月以来の高値。電子タバコの需要が増える中で上半期の売上高が予想を上
回った。
    金融情報会社リフィニティブを270億ドルで買収することに合意したロンドン証券
取引所は6.5%上昇し、過去最高値を付けた。
    中型株で構成するFTSE250種は0.16%低下した。イングランド銀
行(英中銀)が英国の欧州連合(EU)離脱や世界経済の減速によるリスクを指摘したほ
か、利下げを示唆しなかったことが売り材料となった。
    小型株では不動産・建設のキアー・グループが33.3%急騰。19年の月
末債務の平均が予想の下限にとどまったことが買い安心感につながった。
    旅行大手トーマス・クックも25.8%急騰した。トルコの旅行会社アネッ
クス・ツーリズム・グループの親会社であるNesat Kockar社が旅行大手トーマス・クック
の株式を買い足したことが好感された。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below