Reuters logo
ロンドン株式市場=横ばい、ポンド高が重し 金融は値上がり
2017年10月20日 / 17:50 / 1ヶ月後

ロンドン株式市場=横ばい、ポンド高が重し 金融は値上がり

    [ロンドン 20日 ロイター] - 
 <株式指数>                          終値      前日比         %     前営業日終値  コード
 FT100種                       7523.23       +0.19       0.00          7523.04          
    
    ロンドン株式市場はほぼ横ばいで取引を終えた。英国の欧州連合(EU)離脱(ブレ
グジット)交渉が進展するとの期待でポンドが上昇し、国際的に事業を展開する銘柄が多
いFT100種の重しとなった。一方、米国で大幅減税を柱とする税制改革の実現に進展
があったことから、恩恵を受けるとみられている金融株が値を上げた。
    EU各国は、12月のブレグジット交渉で「第2段階」に入る準備に着手すると述べ
た。これを受けポンドはユーロに対して0.8%高となった。
    今週軟調な決算を発表した日用品のユニリーバとレキット・ベンキーザー<R
B.L>は3.2%と2.7%それぞれ下落した。
    金生産のフレスニロは3.6%安と、FT100種で最も振るわなかった。
クレディスイスのトップアナリスト、イバノ・ウェスティン氏が投資判断を「ニュートラ
ル」に引き下げたことが嫌気された。
    一方、金融のスタンダード・チャータードと保険大手RSAは3.
1%と2.4%それぞれ値上がりした。金融株の追い風となるとの期待がある米国の減税
法案通過に必要とみなされる予算決議案を米議会上院が可決したことが材料視された。
    小型株では軟調な業績見通しを示して前日に急落したサポートサービス・建設会社の
インターサーブが16.8%急反発。英政府との2億2700万ポンド(2億9
900万ドル)規模の契約を勝ち取ったことが好感された。

    
 (い)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below