for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロンドン株式市場=横ばい、ポンド高が重し

    [23日 ロイター] - ロンドン株式市場はほぼ横ばいで取引を
終えた。イングランド銀行(英中央銀行)が金利上昇の根拠が強まった
との見解を示したことからポンドが上昇し、相場の重しとなった。
FTSE100種は取引時間中に0.7%上げる場面もあった
が、ドルで利益を上げる業種が売られ、上昇を打ち消した。
英中銀は今年末時点のインフレ率が目標の2倍以上の4%超になると上
方修正した。一方、物価上昇は一時的と予測。2人の委員は総額895
0億ポンド(1兆2300億ドル)の資産購入枠の縮小を主張した。
JPモルガン・アセット・マネジメントのグローバル市場ストラテジス
ト、アンブローズ・クロフトン氏は「今後の見通しとして、英中銀は来
年上半期に利上げを成し遂げる最初の主要な中央銀行になると予想する
」と述べた。
金利の動きに敏感な銀行株は、英国債の利回り上昇を受けて買われた。
英銀大手のバークレイズ、スタンダード・チャータード(スタ
ンチャート)、ナットウエストは1.1─1.7%上
げた。
エンジンメーカーのロールスロイスは3.9%急伸し、6カ月ぶ
りの高値水準となった。ベレンベルクが株価目標を引き上げたことが好
感された。
パブ経営のミッチェルズ・アンド・バトラーズは1.9%上昇
。過去2カ月の売上高が新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大
流行)前の水準を超えたと発表したことが材料視された。
 <株式指数>                 終値   前日比      %   前営業日  コード
                                                          終値  
 FTSE100種          7078.35    -5.02   -0.07    7083.37          
 

    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up