January 15, 2020 / 6:06 PM / 7 days ago

ロンドン株式市場=続伸、ディフェンシブ銘柄買われる

    [15日 ロイター] - 
 <株式指数>              終値   前日比     %  前営業日  コード
                                                     終値  
 FTSE100種       7642.80   +20.45  +0.27   7622.35          
 
   
    ロンドン株式市場は続伸して取引を終えた。米中の「第1段階」通商合意文書の署名
がこの日行われることから株式が買われた。ただ、米国が中国製品への関税を直ちには撤
廃しないとしたことから上昇幅は限定的だった。
    マクロ経済の先行き不透明がある際に買われる傾向のあるディフェンシブ銘柄が買わ
れた。製薬のアストラゼネカとグラクソ・スミスクライン(GSK)はと
もに2%近く上昇。消費関連銘柄も値を上げた。
    ムニューシン米財務長官は中国との貿易協議の「第2段階」で合意するまで対中制裁
関税を維持する意向を表明した。米中間の緊張がすぐに和らぐことを見込んでいた投資家
は肩透かしを食らった。
    2019年12月の英消費者物価指数(CPI) が軟調だったことから、英中銀イ
ングランド銀行(BOE)が1月の会合で利下げするとの観測が高まり、銀行株が売られ
た。低金利は銀行の利幅を圧迫する。
    中型株で構成するFTSE250種指数は0.20%下落した。15.7%
安となった石油開発大手タロー・オイルが重しだった。原油価格の長期見通しを
引き下げ、15億ドルの評価損を計上すると述べたことが嫌気された。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below