July 16, 2019 / 5:55 PM / a month ago

ロンドン株式市場=続伸、バーバリー買われる

    [16日 ロイター] - 
 <株式指数>                 終値   前日比      %   前営業日  コード
                                                          終値  
 FTSE100種          7577.20   +45.48   +0.60    7531.72          
    
    ロンドン株式市場は続伸して取引を終えた。好決算を発表した高級ブランドのバーバ
リーが約11カ月ぶりの高値をつけ、相場全体を押し上げた。
    バーバリーは14.4%上昇。第1・四半期の既存店売上高が市場予想を上回る伸び
となったほか、通期の業績見通しを維持した。マーケッツ・コムのアナリスト、ニール・
ウィルソン氏は売り上げが中国やアジア全域で改善したことに言及し「バーバリーの業績
の決め手は、中国の消費者がどれだけ高級品の購入を控えているかだった。決算をみる限
り、あまり控えなかったようだ」と述べる。
    欧州格安航空会社(LCC)最大手ライアンエアは3.1%高だった。ボー
イング737MAXの納入がさらに遅れる可能性を踏まえ、欧州における航空会社
の運航能力の過剰状態が緩和されるとの見方が広がった。ウィルソン氏は「航空業界にと
って必要なのは、運航能力の削減だ。価格設定が改善すれば利幅を下支えする」とした。
英航空会社ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)の親会社IAGは2.6%の
連れ高となった。
    合意なき欧州連合(EU)離脱に対する懸念が高まる中、ポンドが対ドルで27カ月
ぶりの安値をつけ、輸出銘柄の追い風となった。通常はポンドの動きと比例する中型株の
FTSE250種は0.37%上昇した。
    格安航空会社のイージージェットが5.4%上昇し、最大の押し上げ要因と
なった。高級車メーカー、アストン・マーティンは7.6%高だった。ジェフリ
ーズが投資判断を引き上げたほか、ゴールドマン・サックスが前向きな見方を示したこと
が好感された。一方、飲料大手のAGバーは28.3%急落し、時価総額の4分
の1以上が吹き飛んだ。通期利益が前年比で20%減少するとの見通しが嫌気された。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below