July 2, 2019 / 5:39 PM / 19 days ago

ロンドン株式市場=続伸、ポンド安で10カ月ぶり高値

    [2日 ロイター] - 
 <株式指数>                     終値     前日比      %   前営業日終  コード
                                                                    値  
 FTSE100種              7559.19     +61.69   +0.82      7497.50          
    
    ロンドン株式市場は続伸して取引を終えた。2018年8月末以来、10カ月超ぶりの高値をつけた。
ポンド安に伴い国際的な銘柄が買われた。
    6月の英建設業購買担当者景気指数(PMI)が10年超ぶりの低水準に落ち込んだことを受け、ポン
ドが下落した。
    また、英中銀イングランド銀行(BOE)のカーニー総裁は、世界的な貿易摩擦や英国の合意なき欧州
連合(EU)離脱のリスクを指摘し、近いうちに政策対応が必要となる可能性があると述べた。緩和的な発
言と捉えられ、これもポンドの押し下げ要因となった。
    日用品メーカーのレキット・ベンキーザーや酒造大手のディアジオなどの国際的な銘柄
がFTSE100種の主要な押し上げ要因となった。
    保険大手ヒスコックスは2.2%、自動車保険アドミラル・グループは0.9%それ
ぞれ上昇した。再保険のウイリスリーが、ハリケーン被害を受けた米フロリダ州界隈で再保険料が最大25
%上昇したとしたことが好感された。
    一方、特殊化学のクローダは4.0%下落した。UBSが投資判断を引き下げたほか、シティ
グループが目標株価を下げた。
    中型株では小中企業向けピア・ツー・ピア(P2P)融資のファンディングサークルが29.
1%急落した。融資需要の弱さを理由に2019年の売り上げ成長見通しを半分に引き下げたことが嫌気さ
れた。

    
 (

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below