April 10, 2018 / 6:26 PM / 5 months ago

ロンドン株式市場=続伸、米中摩擦の懸念後退

    [ロンドン 10日 ロイター] - 
 <株式指数>        終値  前日比     %  前営業日終  コード
                                                  値  
 FTSE100   7266.75  +72.00  +1.00     7194.75          
 種                                                   
    
    ロンドン株式市場は続伸して取引を終えた。中国の習近平国家主席が自動車を含む一
部製品の輸入関税を年内に引き下げると述べたことで貿易摩擦をめぐる懸念が後退した。
    欧州の原油相場が1バレル=70ドルを超えたことを背景に石油大手のロイヤル・ダ
ッチ・シェルは2.2%、BPは2.4%それぞれ上昇した。
    鉱業株は前日の落ち込みから持ち直した。米国が前週末にロシアの当局者や富豪、企
業を対象に追加制裁を課したことで週明けの前日はロシアとの取引がある銘柄が売り込ま
れていた。ただ、対ロシア制裁に伴いアルミニウムの価格が6週間ぶりの高値を超え、こ
の日は鉱業のアングロ・アメリカンやアントファガスタ、BHPビリト
ン、リオ・ティントが値を上げた。
    鉱業大手のグレンコアは2.2%上昇。ロシアのアルミニウム大手ルサール
の保有株と投資会社「EN+」グループの海外株式預託証書のスワップ取引を
停止したことが買い材料となった。ルサールとEN+はともに米国の制裁対象一覧に載っ
ている。
    

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below