March 26, 2020 / 7:37 PM / 13 days ago

ロンドン株式市場=続伸、追加刺激策へ期待

    [26日 ロイター] -    
 <株式指数>                 終値   前日比     %   前営業日  コード
                                                         終値  
 FTSE100種          5815.73  +127.53  +2.24    5688.20          
 
    ロンドン株式市場は3日続伸して取引を終えた。新型コロナウイルスの影響があらわ
になった世界各国の軟調な指標を受けて、追加刺激策への期待が高まった。
    3日続伸は、新型ウイルス騒動が株式相場を押し下げ始めた2月以来だ。
    米国では各地の封鎖対策により経済活動が急停止し、週間失業保険申請件数が328
万3000件に達した。英国では2月の小売売上高が前年同月比横ばいと、新型ウイルス
の感染拡大に伴う休業が始まる前だったにもかかわらず、急減速した。欧州のその他の国
でも新型ウイルスの影響を映し出す軟調な指標が発表された。
    それでも米国株は序盤、4%超値を上げた。米政府による追加刺激策への期待が高ま
ったためだ。米議会は新型ウイルスへの対応として2兆2000億ドル規模の支援策を2
7日に可決する見込みだ。
    この日は値上がりしたものの、アナリストは株式相場の回復について慎重な見方を示
す。FTSE100種は依然として1月のピークから約25%下落している。
    コモンウェルス・ファイナンシャル・ネットワークでポートフォリオ管理部門を率い
るピーター・エッセル氏は「投資家は、国内総生産(GDP)の大幅な減少や失業率の急
上昇、景況感の低下の統計に備えるべきだ」と述べる。「今週の相場展開は嵐の前の静け
さであることは大いにあり得る」と付け加えた。
    ショッピングセンターを保有・管理するイントゥ・プロパティーズは6.
4%下落した。新型ウイルスの危機で賃貸料が徴収できない中、融資元へ債務免除を依頼
するほか、政府の新型ウイルス支援策の補助金を求めると述べたことが不安視された。
    一方、家電・携帯電話小売り会社ディクソンズ・カーフォンは新型ウイルスに
よる利益への打撃を指摘したにもかかわらず12.5%上昇した。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below