for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロンドン株式市場=続伸、金融株がけん引

    [9日 ロイター] - ロンドン株式市場は続伸して取引を終えた
。金利上昇や保険大手プルーデンシャルの明るい決算内容が好感されて
金融株が買われ、相場をけん引した。原油価格が値下がりしたことで、
インフレや経済成長に対する懸念もやや後退した。
    FTSE350種銀行株指数、保険株指数<.FTNMX3
03010>はそれぞれ5.37%、6.70%上昇。自動車株指数<.FTNMX4
01010>は12.00%上げた。
    英国債利回りが、長期債から短期債まで全体的に上昇したことが金
融株を支援。30年債利回りは一時、2019年5月以来の高水準とな
り、2年債利回りは3営業日連続で上昇した。
    好調だったのはプルーデンシャルで8.6%高。ロシアの
ウクライナ侵攻による世界の金融市場と経済への影響について警告した
ものの、21年の営業利益が16%増加したと報告したことが好感され
て買われた。
    英日用品のユニリーバは2.9%上昇。ロシアのウクライ
ナ侵攻を受けて、ロシアからの輸出入を停止した最初の欧州食品大手と
なったことが材料視された。
    たばこのインペリアル・ブランズもロシアから撤退した多
国籍企業のリストに加わり、同業のブリティッシュ・アメリカン・タバ
コ(BAT)はロシアのすべての設備投資を停止したと発表し
た。
    これまで高騰していた原油価格が大幅下落したことから、石油・ガ
ス株指数は1.87%下げた。
    資産運用会社リーガル&ジェネラルは6.0%上昇。新型
コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)からの経済回復で、通
期の営業利益が11%増加して22億6000万ポンド(29億600
0万ドル)になったことが好感された。
    ロシアで事業を展開する鉱山大手のポリメタル・インターナショナ
ルは69.2の%急騰。ロシアでの業務が中断されることな
く継続していると明らかにしたため、前日の記録的な安値から反発した
。
   
 <株式指数>              終値   前日比     %   前営業日  コード
                                                      終値  
 FTSE100種       7190.72  +226.61  +3.25    6964.11          
 

    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up