April 5, 2017 / 6:33 PM / 10 months ago

ロンドン株式市場=続伸、鉱業と石油株に買い

    [ロンドン 5日 ロイター] - 
 <株式指数>         終値    前日比       %  前営業日終値  コード
 FT100種      7331.68     +9.86    +0.13       7321.82          
 
    ロンドン株式市場は続伸した。鉱業と石油株が値上がりしたほか、液化石油ガス(L
PG)の販売などを手掛けるアイルランドのDCCも買われた。
    銅価格の上昇を背景に資源大手BHPビリトンとアントファガスタ
はともに1.5%を超える値上がりとなった。原料炭輸出で世界最大のBHPビリトンは
、オーストラリアのボーエン盆地にある炭鉱について、出荷のための鉄道網がサイクロン
「デビー」による大きな被害を受けたとして、契約履行義務を面積するための「不可抗力
条項」の発動を宣言したことも材料視された。石炭の出荷が滞ることによる供給不足が懸
念され、コークス用炭の先物価格は上昇している。
    石油関連株は日中の高値からは値を下げたものの、プラス圏で取引を終えた。北海で
最大のバザード油田が操業を停止したことから、原油価格は一時約1カ月ぶりの高値をつ
けたが、米国の週間統計で原油在庫が予想外に増えたことで上昇幅を圧縮した。石油大手
のBPとロイヤル・ダッチ・シェルは0.3%と0.7%の値上がりで取
引を終えた。
    DCCは1.8%高。ロイヤル・ダッチ・シェルの香港・マカオにおけるLPG事業
を1億4500万ドルで買収することで合意したことが好感された。
    UBSのアナリストらは投資家向けのメモで「業界で世界トップを目指す戦略を追求
する中で、アジアのLPG市場でのさらなる事業成長において良い基盤となる」とした。
    一方、南アフリカとの取引が多い金融サービスのオールド・ミューチュアル
は4.4%安。ズマ大統領に対する辞任要求を、与党アフリカ民族会議(ANC)が退け
たことで、通貨ランドが一段安となったことが背景にある。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below