April 25, 2019 / 5:41 PM / a month ago

ロンドン株式市場=続落、セインズベリーと住宅建設銘柄売られる

    [25日 ロイター] - 
 <株式指数>                     終値     前日比      %   前営業日終  コード
                                                                    値  
 FTSE100種              7434.13     -37.62   -0.50      7471.75          
 
    ロンドン株式市場は続落して取引を終えた。買収計画を撤回したスーパーマーケット
大手セインズベリーが値を下げたほか、住宅建設のテイラー・ウィンペイ
が軟調な利幅見通しを示したことで同業銘柄が広く売られた。
    セインズベリーは4.7%下落し3年近くぶりの安値をつけた。米ウォルマート<WMT
.N>傘下のアスダを73億ポンドで買収する計画を英競争規制当局が阻止し、セインズベ
リーは計画を撤回した。同業のオカドとテスコ、モリソンズは
1.2%から1.9%の連れ安となった。
    テイラー・ウィンペイは5.4%安だった。住宅建設費用が上がる中で通期の利幅が
前年をやや下回るとの見通しが嫌気された。同業のパーシモンは2.6%、バラ
ット・デベロップメンツは2.4%、バークレー・グループは1.6%
の連れ安となった。
    中型株では産金会社アカシア・マイニングが8.0%下落し、6カ月ぶりの
安値をつけた。タンザニアのノースマラ金鉱の生産に問題が生じた関係で四半期の調整後
コア利益が落ち込んだ。
    小型株では床製品の小売りで英最大手のカーペットライトが83.0%急騰
。過去最大の値上がりとなった。四半期決算で英国の既存店売上高が著しく改善し、事業
再編計画が奏功し始めていると捉えられた。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below