Reuters logo
ロンドン株式市場=続落、ヘルスケアと貴金属銘柄買われ下げ幅圧縮
June 22, 2017 / 6:28 PM / 7 months ago

ロンドン株式市場=続落、ヘルスケアと貴金属銘柄買われ下げ幅圧縮

    [ロンドン 22日 ロイター] - 
 <株式指数>           終値    前日比       %  前営業日終値  コード
 FT100種        7439.29     -8.50    -0.11       7447.79          
 
    ロンドン株式市場は続落して取引を終えた。原油の値下がりで一時は1週間ぶりの安
値に落ち込んだが、景気動向に左右されにくいヘルスケア株のほか、貴金属関連銘柄が買
われ、終盤にかけて下げ幅を縮めた。
    取引時間の早い段階では、原油が数カ月ぶりの安値に落ち込んだことに伴い石油大手
のBPとロイヤル・ダッチ・シェルが大きく売り込まれた。その後、原油
は小幅に値を上げ、両株ともほぼ横ばいで取引を終えた。
    CMCマーケッツの市場アナリスト、デービッド・マーデン氏は「原油は2016年
11月中旬以来の安値に落ち込んだ。トレーダーらは、物価圧力が弱まり成長も減速する
ことを懸念している」と指摘した。
    景気循環株が売られる中、部門別で金融株が最大の押し下げ要因となった。金融大手
バークレーズは2.1%安だった。
    一方、製薬会社シャイアーは3.7%高と、FT100種で最も大幅に値を
上げた。出血予防薬「Veyvondi」が欧州医薬品庁(EMA)の承認を得たことが好感され
た。
    金価格の上昇に伴い金生産大手のフレスニロとランドゴールド・リソーシズ
も買われた。
    小型株では身売りすることとなった画像処理技術のイマジネーション・テクノロジー
ズが16.4%上昇した。一時は21%高となる局面もあった。イマジネーショ
ン・テクノロジーズは最大顧客であるアップルが4月に、画像処理用のチップを自社開発
すると発言して以来、売り込まれていた。アップルの発表直後は60%超の値下がりとな
った。


    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below