Reuters logo
ロンドン株式市場=続落、ポンド高が重し
2017年9月15日 / 17:32 / 5日前

ロンドン株式市場=続落、ポンド高が重し

    [ロンドン 15日 ロイター] - 
 <株式指数>                          終値      前日比         %     前営業日終値  コード
 FT100種                       7215.47      -79.92      -1.10          7295.39          
    
    ロンドン株式市場は続落して取引を終えた。5月上旬以来、4カ月ぶりの安値となっ
た。ポンド高を受けドルで収益を上げる銘柄が売られた。金融株が最も振るわなかった。
    FT100種は週間ベースでも値を下げ、2週連続のマイナスとなった。
    イングランド銀行(BOE、英中央銀行)で超低金利政策を強く主張してきた金融政
策委員会のガーティヤン・ブリハ委員が、向こう数カ月間で利上げする必要があるかもし
れないと発言したことで、ポンドはドルに対して英国の欧州連合(EU))離脱を巡る国
民投票以来の高値をつけた。
    ブレグジット投票後のポンド安は、ドルで収益を上げる企業にとって追い風となって
きた。ドルで得た収益はポンドに換算するとかさ上げされることになるからだ。
    金融株が部門別でFT100種を最も大幅に押し下げた。保険大手プルーデンシャル
と金融大手のロイズ・バンキング・グループ、銀行大手のバークレイズ<
BARC.L>、同HSBC、金融大手スタンダード・チャータード(スタンチャート
)は1.3%から2.1%下落した。
    銅価格の下落に伴い鉱業株も値を下げた。資源大手のリオ・ティントとグレ
ンコア、BHPビリトンは1.4%から2.3%下落した。
    原油の値下がりによってエネルギー株も売られ、石油大手のBPとロイヤル・
ダッチ・シェルは0.8%と1.9%それぞれ下落した。
    米クルーズ運航会社カーニバルは6.2%下落し、個別銘柄で最大の落ち込
みとなった。クレディスイスが投資判断を「ニュートラル」に引き下げたことが嫌気され
た。主要なクルーズ先であるカリブ海市場にハリケーン「イルマ」が与える打撃のほか、
地中海や中国の需要がさらに減る可能性を指摘した。
    一方、中型株ではパブ経営のJDウェザースプーンが13.9%急騰し、過
去最高値をつけた。利益が28%近く伸びたことが好感された。

    
 (い)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below