January 21, 2020 / 7:19 PM / 2 months ago

ロンドン株式市場=続落、中国での新型ウイルス感染を嫌気 原油安も重し

    [21日 ロイター] -    
 <株式指数>                 終値   前日比     %   前営業日  コード
                                                         終値  
 FTSE100種          7610.70   -40.74  -0.53    7651.44          
    
    ロンドン株式市場は続落して取引を終えた。中国での新型コロナウイルスの感染拡大
により買い意欲が弱まった。原油の値下がりで石油株が売られた。
    2002ー03年の重症急性呼吸器症候群(SARS)ウイルスとなぞらえた新型コ
ロナウイルスの感染で6人が死亡した。旧正月を控える時期であることから、英航空会社
ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)の親会社IAGは3.0%、インターコ
ンチネンタル・ホテルズ・グループ(IHG)は3.5%それぞれ下落した。中
国で製品を販売する高級ブランド銘柄も値を下げた。
    リビアの産油高が大幅に減る事態に市場が対応できるとの見方から原油が値下がりし
、石油大手のロイヤル・ダッチ・シェルとBPが売られた。
    9ー11月の英就業者数が大幅に増えたことから英中銀イングランド銀行(BOE)
 による今月の利下げ観測が後退した。ポンドが上昇し、国際的な銘柄の重しとなった。
たばこのインペリアル・ブランズは2.6%安となった。
    一方、格安航空会社のイージージェットは4.6%高だった。会計年度上半
期の業績が前年から改善するとの見通しが好感された。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below