for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロンドン株式市場=続落、国債利回り上昇と軟調な英住宅統計で

    [5日 ロイター] - 
 <株式指数>                       終値     前日比       %   前営業日終  コード
                                                                       値  
 FTSE100種                6630.52     -20.36    -0.31      6650.88          
    
    ロンドン株式市場は続落して取引を終えた。米国債利回りの上昇と
英住宅市場の弱さへの不安が相場の重しとなった。
    投資会社メルローズや防衛大手BAEシステムズ
、ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)を傘下に置くIAG
、建機・産業機器レンタルのアシュテッドなど、工業や一般消
費財株の値下がりが目立った。
    ロンドン証券取引所(LSE)グループは14.4%下落
し、最も軟調な銘柄だった。7%の増配を発表したものの、金融情報会
社リフィニティブの270億ドル規模の買収に対する不安が高まった。
    一方、石油大手のロイヤル・ダッチ・シェルとBP
は上昇し、全体の下落を抑制した。ポンドが下落したことで輸出銘柄も
買われた。      
    発電機レンタルのアグレコは0.7%高だった。プライベ
ートエクイティ(PE)のTDRキャピタルとアイスクエアドキャピタ
ルによる23億2000万ポンド(32億2000万ドル)の買収計画
を支持したことが好感された。
    英住宅金融ハリファクスが発表した2月の国内住宅価格は3カ月連
続で伸びのペースが鈍化し、英住宅市場のブームが勢いを失っている新
たな兆しとなった。      
    新型コロナウイルスワクチン接種が進む中で経済が徐々に再開・回
復するとの期待が高まる中、FTSE100種は週間ベースで2.27
%上昇した。

    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up