June 27, 2019 / 5:39 PM / a month ago

ロンドン株式市場=続落、米中貿易摩擦の先行き不透明感で

    [27日 ロイター] - 
 <株式指数>              終値   前日比     %  前営業日  コード
                                                     終値  
 FTSE100種       7402.33   -14.06  -0.19   7416.39          
 
    
    ロンドン株式市場は続落して取引を終えた。米中貿易摩擦を巡る先行き不透明感が重
しとなった。鉱山の崩壊事故が不安視されたスイスの商品取引・資源大手グレンコア<GLE
N.L>も相場を押し下げた。
    20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)を控え、米中が暫定的な貿易戦争の
停戦で合意したと香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポストが伝え、相場は当初上昇し
た。その後、米紙ウォール・ストリート・ジャーナルが、通商合意の一環として中国側が
通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)への制裁解除などを米国に求めると報道した。
証券会社シティインデックスのアナリスト、ケン・オデルガ氏は「リスク資産への買い意
欲が続かない兆しがある」と語った。
    グレンコアは4.9%下落。コンゴ南西部に保有する鉱山が崩壊し、19人の作業員
が死亡したほか、さらに死亡者数が増える可能性があると発表した。
    一方、欧州ホームセンター大手キングフィッシャーは4.1%上昇。フラン
スの食品小売大手カルフールでアジア事業のトップを務めるティエリ・ガルニ
エ氏を次期最高経営責任者(CEO)として任命したことが好感された。
    中型株では航空部品メーカーのシニアが10.3%急落した。運航停止とな
った米ボーイングの新型機「737MAX」に新たなリスクが発覚したとする米当局の発
表が嫌気された。ボーイングはシニアの主要顧客。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below