August 5, 2019 / 5:47 PM / a month ago

ロンドン株式市場=続落、米中貿易摩擦の高まりで

    [5日 ロイター] - 
 <株式指数>                     終値     前日比      %   前営業日終  コード
                                                                    値  
 FTSE100種              7223.85    -183.21   -2.47      7407.06          
    
    週明けロンドン株式市場は続落して取引を終えた。米中貿易摩擦の高まりを受けて世
界的に株価が下がっている。
    トランプ米大統領が前週、3000億ドル規模の中国製品に10%の関税を課す方針
を示し、中国は報復措置を取るとしている。
    CMCマーケッツのアナリスト、デービッド・マデン氏は 「中国が米国に打撃を与
えるとの見方が出ており、両国の対立がしばらく続くとの不安が広がっている」とした。
    共同出資会社を立ち上げた小売り大手マークス・アンド・スペンサー(M&S)<MKS
.L>とオンラインスーパー大手オカドは5.1%と4.6%それぞれ下落した。
オカドとスーパーのウェイトローズの提携関係が終わることとなる。
    一方、金が安全資産として買われ6年超ぶりの高値をつけるとともに、金・銀生産の
フレスニロは4.7%上昇した。FTSE100種で唯一値を上げた銘柄だった
。
    FTSEAIM指数ではホテル経営のイージーホテルが33.3%急騰した
。取締役会が不動産ファンドのコンソーシアム(企業連合)による1株95ペンスの買収
提案を受けるように推奨したことが材料視された。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below