May 4, 2020 / 5:38 PM / 3 months ago

ロンドン株式市場=続落、米中関係を不安視

    [4日 ロイター] - 
 <株式指数>             終値  前日比     %  前営業日  コード
                                                   終値  
 FTSE100種      5753.78   -9.28  -0.16   5763.06          
 
    
    週明けのロンドン株式市場は続落して取引を終えた。新型コロナウイルスの発生源を
巡り米中関係が緊迫化する中、株式が売られた。
    トランプ米大統領は1日、新型ウイルスの世界的感染拡大を巡り中国に制裁関税を課
す可能性を示した。ポンペオ米国務長官は3日、中国湖北省武漢市の研究所が新型ウイル
スの起源であることを示す「多くの証拠がある」と述べ、関税を巡る不安が高まった。ポ
ンペオ氏の発言に対して中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報は「うそをついている
」と反論した。
    エンジンメーカーのロールスロイスは6.9%下落。世界の航空会社が運航を
停止し、旅客機の生産が減る中、15%の人員削減を検討しているとの報道が不安視され
た。
    この日公表された英大手企業の四半期調査によると、新型ウイルスの危機により20
20年は売り上げが20%減る見込みで、08─09年の金融危機時よりも大幅な落ち込
みになるとみられる。
    この日の原油価格はまちまちだったが、石油大手のロイヤル・ダッチ・シェル<RDSa.
L>とBPは前週の落ち込みから持ち直し、2.7%と0.6%それぞれ値上がりし
た。
    FTSE350製薬・バイオテクノロジー株指数は2.5%上昇した。
個別銘柄ではジェネリック医薬品メーカー、ヒクマ・ファーマシューティカルズ
が5.9%高だった。
    市場は7日に開催されるイングランド銀行(英中央銀行)の政策決定会合に注目。た
だ英中銀は3月に2度利下げし、資産買い入れプログラムも拡大したことから、さらなる
景気刺激策への期待は低い。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below