for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロンドン株式市場=続落、製薬や銀行株の下落響く

    [8日 ロイター] - ロンドン株式市場は続落して取引を終えた
。製薬や銀行株の下落が響いた。
    英製薬のアストラゼネカや製薬大手グラクソ・スミスクラ
イン(GSK)が売られ、FTSE350種製薬・バイオテク
ノロジー株指数が下げた。
    銀行株指数は1.19%下落。モルガン・スタンレ
ーによる株価目標の引き下げが嫌気され、英銀大手のバークレイズ<BAR
C.L>とロイズがそれぞれ、1.6%と2.0%値下がりした。
    FTSE100種は今年10%上昇しているが、新型コロナウイル
ス変異株「デルタ株」のまん延と、サプライチェーンの問題が経済成長
の減速につながるとの懸念から、欧州株や米国株に引き続き後れを取っ
ている。
    AJベルの投資ディレクター、ラス・モールド氏は「サプライチェ
ーンの問題は世界中の企業の重しとなっている。特に英国では運転手の
不足が影響している」と述べた。
    中型株で構成するFTSE250種指数は1.03%下落
した。
    家庭用品販売のダネルム・グループは12.8%上げた。
特別配当を発表し、2022年度の利益がアナリストの予想をやや上回
るとの見通しを示したことが好感された。
    複合企業スミス・グループは2.6%上昇。医療部門を米
ICUメディカルに24億ドルで売却することで合意し、買い
材料となった。
    
 <株式指数>                  終値    前日比      %  前営業日終  コード
                                                               値  
 FTSE100種           7095.53    -53.84   -0.75     7149.37          
 

    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up