March 27, 2017 / 6:55 PM / 10 months ago

ロンドン株式市場=続落、鉱業株やバブコックに売り

    [ロンドン 27日 ロイター] - 
 <株式指数>                     終値     前日比        %   前営業日終値  コード
 FT100種                  7293.50     -43.32     -0.59        7336.82          
    
    週明けロンドン株式市場は続落して取引を終えた。医療保険制度改革(オバマケア)
の代替法案が前週末に撤回されたことが相場の重しとなった。鉱業株やエンジニアリング
大手のバブコック・インターナショナルの値下がりも相場を押し下げた。
    米共和党は先週24日、トランプ政権が掲げるオバマケア見直しのために用意した法
案を撤回した。税制改革などその他の政策をトランプ政権が遂行できるかどうか疑問視す
る見方が市場に広がった。トランプ氏が大統領に当選して以降、インフラ投資拡大や減税
への期待から株式相場は世界的に値上がりしてきた。
    ドルが下落したことも株式相場の重しとなった。FT100種は輸出関連銘
柄が多いことから、ポンド高は打撃となる。ポンドはドルに対して約8週間ぶりの高値を
つけた。
    銅価格の続落でFT350種鉱業株指数は下落した。個別銘柄ではアン
グロ・アメリカンとグレンコア、アントファガスタが3.9%
から4.7%下落した。
    金融大手のロイズ・バンキング・グループは1.6%安。 ベレンバーグが
投資判断を「保留」から「売り」へ引き下げたことが嫌気された。
    バブコック・インターナショナルは4.3%安。マグノックス炉の廃炉に関
する契約を2019年に終了することで英政府と合意したとの発表が嫌気された。
    一方、小型株で計測器などを手掛けるエグゾーバは13.3%高。オランダ
のエレメント・マテリアルズ・テクノロジーやPAIパートナーズ、ジェイコブス・ホー
ルディングなどから現金での買収提案を受けたとの発表が好感された。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below