for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロンドン株式市場=続落、銀行や旅行株の下落が重し

    [4日 ロイター] - 週明けのロンドン株式市場は続落して取引
を終えた。銀行株や旅行関連株の下落が相場を圧迫し、エネルギー株の
上昇を相殺した。
    保険大手プルデンシャル、銀行大手のロイズ、金
融大手HSBCが0.8─1.1%値下がりした。
    一方、原油価格の値上がりを受けて石油大手のBP、英蘭系
のロイヤル・ダッチ・シェルがそれぞれ1.9%、1.5%上
昇し、相場を下支えした。
    英スーパーマーケットグループのモリソンズは3.7%下
げ、下落率は昨年9月以来の大きさとなった。米プライベートエクイテ
ィー(PE)のクレイトン・ドゥビリエ&ライス(CD&R)がモリソ
ンズを1株当たり2.85ポンドをわずかに上回る程度の70億ポンド
(95億ドル)で買収することが決まり、売り込まれた。
    一方、同業のスーパーマーケット大手セインズベリーは3
.4%上昇。モリソンズ買収でCD&Rに負けたソフトバンクグループ
傘下のフォートレス・インベストメント・グループが関心を寄
せるとの期待感から買われた。
    中央銀行の緩和的な金融政策や経済活動再開への期待を背景に、F
TSE100種は今年これまでに8.52%上げている。しか
し、インフレリスクや国内外の経済減速の兆候が投資家心理の重しとな
り、相場は伸び悩んでいる。
    英製薬のアストラゼネカは0.6%上昇。乳がん向けの抗
がん剤「エンハーツ」がブレークスルーセラピー指定を受けたことが好
感された。
    金融取引プラットフォーム運営のプラス500は2.0
%上げた。業績見通しを、3カ月たたないうちに再度引き上げたことが
材料視された。
 <株式指数>                 終値   前日比      %   前営業日  コード
                                                          終値  
 FTSE100種          7011.01   -16.06   -0.23    7027.07          
 

    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up