February 7, 2019 / 7:13 PM / 14 days ago

ロンドン株式市場=続落、BOEと欧州委の成長見通し引き下げで市場心理悪化

    [7日 ロイター] - 
 <株式指数>              終値   前日比     %  前営業日  コード
                                                     終値  
 FTSE100種       7093.58   -79.51  -1.11   7173.09          
 
    ロンドン株式市場は続落して取引を終えた。英中銀イングランド銀行(BOE)が国
内の経済成長見通しを引き下げたほか、欧州連合(EU)欧州委員会もユーロ圏の成長見
通しを引き下げたことで市場心理が悪化した。
    欧州委は貿易摩擦を理由に19年と20年の成長見通しを引き下げた。BOEは英国
のEU離脱を巡る先行き不透明感の高まりや世界経済の減速に言及し、19年の成長見通
しを引き下げた。
    旅行大手のTUIのロンドン上場株は19.4%急落した。通期の利益見通
しを引き下げたことが嫌気された。TUIはポンド安のほか、昨年夏の猛暑で海外旅行客
が減ったことを指摘した。
    オンライン食品販売のオカドは9.8%下落。自動配送センターで発生した
火事によって売り上げの伸びが減るとの見方を示して以来、ここ2日間で時価総額のうち
10億ポンド超が吹き飛んだ。
    広告大手WPPは8.4%下落し、6年超ぶりの安値となった。フランスの
競合ピュブリシスが発表した第4・四半期売上高が減少し、不安が広がった。
    一方、世界最大のケータリングサービス会社コンパスは3.7%上昇し、過
去最高値をつけた。第1・四半期決算で中核事業の売り上げが増えたほか、強気な通期見
通しを示したことが好感された。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below