March 15, 2019 / 8:02 PM / 4 months ago

ロンドン株式市場=5日続伸、英EU離脱巡る期待で

    [15日 ロイター] - 
 <株式指数>                 終値   前日比      %   前営業日  コード
                                                          終値  
 FTSE100種          7228.28   +42.85   +0.60    7185.43          
    
    ロンドン株式市場は5日続伸して取引を終えた。メイ英政権を閣外協力で支える北ア
イルランドの地域政党・民主統一党(DUP)が、英国のEU離脱協定案において英政府
と「良い」協議を設けたと述べたことで市場心理が好転した。
    メイ首相の離脱協定案は英議会で既に2度否決されている。次の採決で可決されるた
めにはDUPの支持が不可欠だ。
    英議会は14日、協定案が3月20日までに実施する3度目の採決で可決されれば、
離脱日を少し延期し、否決されれば延期期間を長くする動議を可決した。
    英国のEU離脱で経済に悪影響があった場合、最も打撃が大きい部門の一つとされる
FTSE350種住宅建設株指数は0.74%上昇した。
    一方、金融サービスのジャストグループは4.2%下落。前日に資金調達
のために一部株式を売却すると発表して以来、売り込まれている。
    建設・サポートサービスのインターサーブは34.3%急落。破たん処理申
請するとの発表が嫌気された。時価総額の3分の1以上が吹き飛び、売買停止となった。
    英国のEU離脱を巡る動きでポンドが上昇し、国内銘柄が多い中型株で構成するFT
SE250種は1.08%上昇。18年10月以来の高水準をつけた。個別銘柄
ではレストラン・グループが10.1%上昇し、全体水準を押し上げた。通期決
算で税引き前利益が市場予想を上回ったほか、最近買収したレストラン「ワガママ」の売
り上げが好調だったことが好感された。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below