March 18, 2019 / 7:12 PM / in a month

ロンドン株式市場=6日続伸、ポンド安で

    [18日 ロイター] - 
 <株式指数>              終値   前日比     %   前営業日  コード
                                                      終値  
 FTSE100種       7299.19   +70.91  +0.98    7228.28          
 
    週明けロンドン株式市場は6営業日続伸して取引を終えた。英政府が欧州連合(EU
)と合意した離脱協定案を大きく変えない限り承認できないとする英下院バーコウ議長の
発言を受けポンドが下落し、輸出銘柄の追い風となった。
    バーコウ議長の発言を受け、英国のEU離脱を巡る懸念が高まった。たばこのブリテ
ィッシュ・アメリカン・タバコやインペリアル・ブランズ、製薬大手グ
ラクソ・スミスクライン、同アストラゼネカなどドルで大半の収益を上げ
る企業が値を上げた。
    また、原油の値上がりに伴い石油大手ロイヤル・ダッチ・シェルとBP<BP.
L>が買われた。
    鉄鉱石先物の値上がりに伴いFTSE350種鉱業株指数は2.36%
上昇した。ブラジルの資源大手ヴァーレの生産削減によって供給を巡る不安が
浮上し、鉄鉱石が値を上げた。
    合併・買収(M&A)を材料に金融株指数は0.54%上昇し、201
8年10月以来の高値をつけた。ドイツ銀行とコメルツ銀行が合併
協議を進めていることを確認した。
    決済処理を手掛けるワールドペイは9.3%高だった。米フィンテック企業の
フィデリティー・ナショナル・インフォメーション・サービシズ(FIS)によ
る約350億ドルの買収に合意したことが好感された。
    中型株では油田サービス企業のハンティングが3.8%上昇した。UBSに
よる投資判断の引き上げが買い材料だった。

    

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below