April 23, 2019 / 4:57 PM / a month ago

ロンドン株式市場=7カ月ぶり高値に反発、原油高で石油株買われる

    [23日 ロイター] - 
 <株式指数>              終値   前日比     %  前営業日  コード
                                                     終値  
 FTSE100種       7523.07   +63.19  +0.85   7459.88          
 

    連休明けロンドン株式市場は7カ月近くぶりの高値に反発して取引を終えた。原油高
に伴い石油株が買われた。またポンド安が輸出銘柄の追い風となった。
    米国がイラン産原油の禁輸措置について、5月までに適用除外を撤廃すると発表した
ことで供給が減るとの見方が出た。原油が値を上げ、石油大手ロイヤル・ダッチ・シェル
は2.2%、BPは2.6%それぞれ上昇した。
    一方、航空銘柄は原油高が打撃となった。格安航空会社(LCC)のイージージェッ
トは3.9%安、航空会社ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)の親会社IA
Gは3.3%安となった。中型株ではLCCのウィズエアーが2.7%
下落した。
    英国の欧州連合(EU)離脱協定案で与野党が打開策を見いだすとの期待が薄れたほ
か、メイ英首相への辞任圧力が高まる中、ポンドは2カ月ぶりの安値を付けた。ポンド安
を受け、製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)や同アストラゼネカ<AZN.
L>、酒造大手のディアジオなどの輸出銘柄が値を上げた。
    小型株では旅行大手トーマス・クックが18.3%急騰。観光事業もしくは
会社全体に対する複数の買収提案を受けたとの報道が買い材料だった。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below