December 20, 2019 / 7:18 PM / 2 months ago

ロンドン株式市場=8日続伸、週間ベースで16年12月以来の大幅プラス

    [20日 ロイター] - 
 <株式指数>             終値   前日比     %  前営業日  コード
                                                    終値  
 FTSE100種      7582.48    +8.66  +0.11   7573.82          
 
    
    ロンドン株式市場は8営業日続伸して取引を終えた。英国が合意な
しに欧州連合(EU)を離脱するとの不安からポンドが低迷しており、
輸出銘柄の追い風となっている。週間ベースでは3.11%上昇し、2
016年12月以来の大幅な伸びとなった。
    連続上昇の期間は17年5月以来の長さになる。先週の総選挙でジ
ョンソン英首相率いる与党保守党が勝利した当初は、国内経済に左右さ
れやすい銘柄が買われた。その後、ジョンソン氏がEU離脱後に貿易協
定を締結する移行期間を20年12月より後に持ち越さない構えを示し
たことで合意なき離脱への不安が浮上した。
    ポンドはこの日、2週間ぶりの安値を推移し、酒造大手のディアジ
オや日用品のレキット・ベンキーザーなどの輸出銘柄の
買い材料となった。
    クルーズ運航世界最大手のカーニバルは6.8%高だった
。20年の利益見通しが市場予想を上回ったことが好感された。
    一方、英蘭系石油大手ロイヤル・ダッチ・シェルは1.6
%下落し、FTSE100種の最大の重しとなった。第4・四半期に2
3億ドルの評価損を計上する見込みとしたほか、石油製品の売り上げ見
通しを引き下げたことが嫌気された。
    医療サービスのNMCヘルスは15.4%下落した。週間
ベースで過去最大の落ち込みとなった。空売り専門の投資会社、米マデ
ィ・ウォーターズ・キャピタルが17日にNMCヘルス株を空売りする
と発言して以降、時価総額の半分近くが吹き飛んだ。

    
 (ーからご覧ください)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below