March 8, 2018 / 2:34 PM / 5 months ago

一方的な通商政策は危険、国際機関を通した解決必要=ECB総裁

[フランクフルト 8日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は8日、一方的な通商政策は危険性をはらみ、通商論争は国際機関を通して解決する必要があるとの考えを示した。

ドラギ総裁は理事会後の記者会見で、「論争は多角的な枠組みのなかで協議、解決されるべきで、一方的な決断は危険である」と述べた。

トランプ米大統領は鉄鋼とアルミニウムに対する輸入制限措置を導入する方針を表明。ドラギ総裁は米国の輸入関税措置が直ちに大きな影響を及ぼす公算は小さいとしながらも、長期的な影響については、対抗措置がとられるか、為替相場が反応するか、信頼感にどのような影響が出るかによるとの考えを示した。

そのうえで、「信頼感に対する影響を推し量るのは非常に難しい。ただマイナスの影響が出る場合、インフレと見通しに対してマイナスとなる」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below